【英文読解】4月25日はオーストラリアの戦死者追悼日。

■題材を読む前に

オーストラリアで毎年4月25日は戦争で命を落としたオーストラリア兵、ニュージーランド兵を追悼するための祝日で、「ANZAC DAY(アンザックデー)」と呼ばれています。「ANZAC」は「Australian and New Zealand Army Corps(オーストラリアとニュージーランドの軍)」の略です。



続きはこちらからどうぞ。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

【英文読解】有名人たちがプロモーションのために使うSNS。

今回ちょっとしたトラブルにあったヒュー・ジャックマン


■題材を読む前に

ソーシャルネットワーキングサイトの一つに、アメリカ生まれの「Twitter(トゥイッター)」というものがあります。利用者は「What are you doing?(何してるの?)」という質問に答える形で、140字以内で書き込みをします。ブログより手軽ということで使う人も多いようで、有名人で使っている人も多いようです。



続きはこちらからどうぞ。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

税金裁判で勝利した奨学金受給大学生

■今日の題材を読む前に

オーストラリアでは所得のある人は各自で「タックスリターン(Tax Return)」をしなければなりません。日本での確定申告のようなものです。2008−2009年の会計年度(6月締め)の場合、6001ドルから所得税が発生します。ですから、例えばアルバイトをしている大学生は稼ぎがその額をこえたら国税庁(ATO : Australian Taxation Office)にタックスリターンをしなければなりません。

続きはこちらからどうぞ。
タグ:税金 英語 読解


みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

客室乗務員を泣かせた怒りのオーストラリア首相

■今日の題材を読む前に

歯切れよく物事を語り、また温厚な印象で知られるオーストラリア首相のケビン・ラッドですが、機上でのサービスに不満をもった彼が客室乗務員(flight attendant)を泣かせた、とニュースになっています。

続きはこちらからどうぞ。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

第一野党の環境政策は石炭燃焼抑制の新技術。

■今日の題材を読む前に

ミルン議員が、ターンブル氏の掲げる政策が「大汚染を生み出す人や組織を手助けする」と言っているのは、ターンブル氏が政策の中で「クリーン・コール・テクノロジー」の活用を提唱しているからと考えられます。

続きはこちらからどうぞ。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

ピューマはオーストラリア東海岸に生息するのか。

■今日の題材を読む前に

クイーンズランドにはパンサー、またの名をピューマ、と呼ばれるネコ科の大型哺乳類、もしくはそれに似た生き物が、野生動物としてどうやら生息しているようだ、ということが地元住民の間で噂されています。

続きはこちらからどうぞ。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

ブラックホールの存在が証明されるかも。

■今日の題材を読む前に

2億米ドルを投じてアメリカが行う、重力波によって引き起こされる時空の曲率波状を観測するプロジェクトに、オーストラリアのアデレード大学とオーストラリア国立大学が参加します。

続きはこちらからどうぞ。
タグ:読解 英語


みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

オーストラリア経済の行方。



今日の文章は「オーストラリア経済界の現状の見方」について。






昔、私は大学受験のために、基本英文700選という

参考書を使いました。よく使う文法や単語を含んだ

簡単で良質な文章をたくさん覚えることができるので

おすすめです。今は新しくなっているようですが、

(→新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ))

基本的なコンセプトは変わっていないようです。

文法の詳細等はないので、自分で文章を理解してから

音声を何回も聞いて発声して覚えましょう。



さて、今回は次の文章を通して、英語の学習をしましょう。







AUSTRALIA'S top chief executives do not believe the local economy is headed for crisis despite rising inflation, sharply higher interest rates, wild fluctuations in global financial markets and big falls in personal wealth following the plunge in sharemarkets.

http://www.theage.com.au/news/national/global-crisis-no-threat-to-economy/2008/03/28/1206207412943.htmlより引用)








キーワード


executives重役、経営幹部
is headed for〜に向かって進む
fluctuations変動、不安定
wealth財産、富
plunge急落









日本語訳


オーストラリアの有名企業の経営幹部たちは、オーストラリア経済は、インフレーション、利子率の急激な上昇、世界経済市場の激しい変動、そして株式市場での急落による個人資産の大幅な減少等があるけれども、危機的状況に向かって進んでいるわけではない、と強く思っている。








訳すときのポイント



「despite」は「〜にもかかわらず」。

前置詞なので、名詞が後に続きます。

今回は「rising inflation」、

「sharply higher interest rates」、

「wild fluctuations in global financial markets」、

「big falls in personal wealth following the plunge

in sharemarkets」の4つが続いています。



何かを列挙していうとき、英語では列挙される

最後のものの前で必ず「and」がきます。今回も

「big falls」の前に「and」がありますね。だからそれが

列挙事項の最後、という目印になります。







先日、日本に帰ってしまった知人がいたのですが、

その人がもって帰らないということで、日本の番組が

とってあるビデオテープを大量においていきました。

5年前くらいからのものがたくさんあり、そのなかに

「渡る世間」が入っていました。私の相方は日本に

いるときから随分熱心に見ていたようで、そのテープも

楽しんでいたようです。私はあまり見ていませんでしたが、

「日本の家の社会勉強になるなあ。」とつくづく思いました。



みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

干ばつがもたらす新たな問題



RURAL Australia, still reeling from the long drought, is heading into a new crisis just as weather conditions start to improve: a shortage of farm workers.

http://www.theage.com.au/news/national/the-new-drought-151-workers/2008/03/24/1206207012376.htmlより引用)








キーワード


rural田舎の
reel from(ショックなど)でよろめく
drought(ドラウト)干ばつ
head intoに向かう
crisis危機
improve改良する、よくなる
shortage不足
farm農家









日本語訳


長引く干ばつで大きなダメージを受けているオーストラリアの農村地帯は、ちょうど天候状況はよくなってきてはいるものの、新たな危機に向かっている。それは、農業に従事する人の不足である。








訳すときのポイント


@「still」はよく使われますね。「まだ」と訳されます。
否定的な意味合いが強いと思います。

A「still reeling from the long drought」の部分は、
「reeling」に注目。これは現在分詞で、
前の「Australia」を修飾しています。

B「is heading into」は現在進行形。
「に向かっている」と訳すことができます。

C「just」は訳すのがなかなか面倒な言葉ですが
この場合は「ちょうど」でいいと思います。

D「as」は辞書をひくと、いろいろな訳がのってて、
ときに順接、ときに逆接、と非常に扱うのが難しいです。
この場合、文脈より「〜けれども、〜ものの」と訳せるでしょう。

E「:」はよく見かける英語の符号で、名称は「コロン」。
以下に、説明等が続きます。






記事では天気はちょっとずつ快方に向かっているような話ですが、

オーストラリアのビクトリア州はまだまだ雨が足りません。

しかし、昨日嵐がやってきて、大雨を降らしてくれました。

そのおかげで、私の住む地域は数時間の停電になってしまいました。



みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。