強いチームが勝ち残れない新ルール。

2009−10年チャンピオンズリーグの新レギュレーションのおかげで、グループリーグ手前の予選プレーオフで、アーセナルとセルティックが対戦することになった。

国内「上位チーム」予選と国内「優勝チーム」予選。予選に2ルートできたのがその理由。強いチーム同士をそんな初期段階で激突させてどうしようというのか。

続きはこちらからどうぞ。
タグ:UEFACL


みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

ヒディングの采配は決勝進出に値しないものだった。



5月6日に行われたチェルシー対バルセロナ戦。

オーストラリアのテレビ局SBSのサッカー解説者主任、クレイグ・フォスターが以下のような分析をしている。



続きはこちらからどうぞ。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

カイトのヘディング。芸術の域。




あんな壮絶な打ち合いは久しぶりだ。双方のチームの守備が崩壊しているのか、攻撃力が凄まじいのか。



続きはこちらからどうぞ。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

審判はボーっとしてたと言われても仕方がない。




I just happened to see the game of Atletico Madrid and Liverpool this morning.




I could not believe this. I am not a fan of Atletico Madrid, but I feel so bad for them. Their first attempt to score a goal was not offside at all at the start of 2nd half.



続きはこちらからどうぞ。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

惨め過ぎる!ジョン・テリー



写真はジョン・テリーが所属するチェルシー。彼はイングランドサッカー代表でも活躍する大選手。さて、今回の単語は「haunt」。

(元の記事はこちら。→http://blogs.notw.co.uk/sport/2008/05/terry-ive-let-y.html





単語の解説




単語 : haunt

品詞 : 動詞

意味 : 〜につきまとう

発音 : 【ホー】ント





悪夢にうなされ続けるジョン・テリー






先週、行われた欧州チャンピオンズリーグの決勝戦。

延長が終わっても1対1の同点で、

PK戦にもつれこみました。

雨が激しく降り続く中、

PKは順次決められていきますが、

まず、なんとマンチェスター・ユナイテッドの

クリスティアーノ・ロナウドが外します。




その後はどんどん決められていき、

最後にここで決めれば

チェルシーが勝つというところまできました。

蹴る人はジョン・テリー。

ベテランでリーダーシップもあって、

皆が信頼するチームキャプテン。




しかし、まさかのまさか、

ジョン・テリーは足を滑らせてバランスを崩し、

PKをはずしてしまいました。

ボールは無常にもゴールポストに当たって、

サイドラインのほうへ転々。




PKのスコアが同点になり、サドンデスへ。

そして、何人かが順当に決め、

最後は後攻のチェルシーの選手が外して

試合が終わってしまいました。




欧州一のサッカークラブチームを決める大一番で、

このようなミスを犯してしまったジョン・テリー。

彼は、




「このことは俺に今後ずっとつきまとうだろう。」




と言っており、

当然まだショックから立ち直る様子はないようです。

私はチェルシーのファンではありませんが、

元記事のジョン・テリーは

あまりにも不憫で同情してしまいました。










それでは最後に復習しましょう。今さっきの単語おぼえていますか。

haunt(【ホー】ント)
















































〜につきまとう



次回もきっとあなたに役立つ英単語をお届けします。お楽しみに!







◆単語の発音について◆

カタカナで表記していますので、本来の音とは異なります。参考としてお使いください。アクセントを置く部分は【 】で囲っています。(例)発音 : オウバー【ホー】ル

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

優勝するかな?




3月4日、5日分の欧州チャンピオンズリーグ、アーセナルがACミランを撃破したのは驚きでした。しかもアウェイのサンシーロで2点取って完封勝利。



若返ったアーセナル、本当によく走る

と思います。最後の2点目は、

ロスタイムでしたが、ミランの選手たちは

ついていけておらず、その結果、

アバデヨールがフリーで右からの

グラウンダーパスをもらって

ゴールを決めています。



この試合で印象的だったのは

カカがあまりにも目立たなかったこと。

やはりACミランはカカのチームなのでしょう。

彼がやれば、チームも勝つ。



走って、走って、走り勝つ、そんな今の

アーセナルはとても魅力的です。

この勢いで優勝してしまうかな?

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

欧州CL:行け!フェネルバチェ!



【趣味の頁】欧州チャンピオンズリーグの16強が出揃いましたね。

こうなったらジーコのフェネルバチェを

応援しようかなと思っています。

やっぱり順当に強いチームが勝つのは

面白くない。



そういう意味では、マルセイユも応援していたけど、

リバプールに完敗。

やっぱり強かったのだなあ、リバプール。

オーストラリア人のハリー・キューエルも

2アシストと活躍していましたね。



16強に入ってほしかったもう一つのチーム、

それはグラスゴー・レンジャース。

ユーロ2008予選も含めて

旋風を巻き起こしていたスコットランドだけど、

レンジャースは最後に撃沈してしまった。



オリンピック・リヨンは強いのだねえ、やはり。

後半終了間際の2点追加で3−0。

ワールドカップ2006の日本の負け方を

思い出してしまった。



今日の夜は、浦和とミラン。

いい勝負を見たいと思います。

頑張れ浦和!

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

望みつなげたセルティック



【趣味の頁】セルティックの試合はまたしても危ない試合でした。

が、望みはつなげましたね。

ホームでの試合は

運があるのか本当に強い!

次節のACミラン戦アウェーで

引き分ければ単独2位。

決勝トーナメントに進出です。



引き分け以上になるかなあ。

サンシーロで去年ふつうに

負けてるしなあ。

ミランはリベンジに燃えてるだろうし。


がんばれセルティック!

中村が足の怪我からいつ頃

復帰するか微妙ですが、

決勝トーナメントで

彼のプレーが見れるのなら

また是非見たいですね。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。