最も美しい女性グウィネス・パルトロー。「美は内面」

リスニング

Q1)最も美しい女性として雑誌「ピープル」の表紙を飾ると聞いたとき、最初どう思ったか。
Q2)グウィネス・パルトローは何を患ったことがあるか。
Q3)小さい頃は何が美しいと思っていたか。
Q4)今はどういうときに一番美しいと感じるか。





Q1)冗談と思った。

「Joke」だと思ったと言っている。「prank」という言葉を使っていれば「ドッキリ」。

Q2)ディスレクシア(学習障害の一つ)

「dyslexia」と綴る。スティーブン・スピルバーグも小さい頃これを患っていた。

Q3)バービー人形

「associated beauty more with like a Barbie doll」と話している。「associate A with B」で「AをBと関連付ける」。

Q4)自分をそのまま受け入れられるとき

「accept exactly where I am」と話している。「exactly」はそれだけでもよく使われる表現であり、意味は「まさにそのとおり」。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

キャサリン妃についてのいたずら電話の全貌

(2012 Dec 07)

いたずら電話は「prank call」。人を騙すことは「hoax(ホウクス)」といいます。

オーストラリアからのいたずら電話で、イギリスの看護師が個人情報漏えいの責任を感じて命を絶った。

問題のいたずら電話は1分15秒あたりから。


いたずら電話の中では、DJ二人がエリザベス女王とチャールズ皇太子になりすまし、妊娠中のキャサリン妃の様態などを質問した。浮かれ気分で悪のりしてるのがよくわかる。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

スピルバーグとdyslexia(ディスレクシア)

(2012 Oct 04)

スピルバーグは「ディスレクシア(読解困難)」という障害をもっていると告白しました。

動画のインタビューを聞いて、以下の質問に日本語と英語、両方で答えてください。




質問1)スピルバーグが「dyslexia(ディスレクシア)」と診断されたのは何年前ですか?(15秒)

質問2)スピルバーグは自分の読む能力は他の生徒と比べて何年遅れていたと言っていますか。(44秒)

質問3)スピルバーグの友達はどんな人たちだったと話していますか。2つ答えてください。(1分29秒)

質問4)スピルバーグは自分をよく思わない先生もいたと話しています。具体的にはどんなふうに思われていただろうと話していますか。(3分6秒)


答えはこの下。




質問1)スピルバーグが「dyslexia(ディスレクシア)」と診断されたのは何年前ですか?(15秒)

five year ago(五年前)

質問2)スピルバーグは自分の読む能力は他の生徒と比べて何年遅れていたと言っていますか。(44秒)

two years(二年)

質問3)スピルバーグの友達はどんな人たちだったと話していますか。2つ答えてください。(1分29秒)

They couldn't throw a football. They couldn't catch a baseball.
(フットボール投げられなかった。野球ボール捕れなかった。)

質問4)スピルバーグは自分をよく思わない先生もいたと話しています。具体的にはどんなふうに思われていただろうと話していますか。(3分6秒)

I wasn't studying hard enough. I wasn't reading hard enough. I was perhaps lazy.
(一生懸命十分に勉強していなかった。一生懸命十分に本を読んでいなかった。たぶん私は怠け者だった。

最後の問題の解答に関して、スピルバーグが「assume」という単語を使っていますが、これはよく使われます。「推測する」という意味。

スピルバーグの先生の中には、本をスラスラ読めないスピルバーグを見て「あいつ一生懸命勉強していないな。一生懸命本を読んでいないな。怠けてるな。」と「assume」していた先生もいた、と話しています。

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ

ガガの太った原因

(2012 Sep 21)

レディー・ガガは自分が太ってしまった理由に父親がニューヨークにオープンしたイタリアンレストランで食事をしまくっているからだとしている。

料理がどれだけうまいのかを以下のように表現している。

「it's so freaking delicious, but I'm telling you I gain five pounds every time I go in there. So my dad wants me to eat at the restaurant.」

ここで注目すべきなのは「freaking」。これは「very」と同じ用途で使われ、「とても」という意味。特に若者の間での口語表現として耳にする。

また、以下のコメントからもわかるように、太ったことに関しては全く気にしていない模様。

「you know I really don't feel bad about it, not even for a second.」

「not even for a second」は「一秒も」で、上記の文は「体重が増えたことで悪いと感じることは一秒たりともない」となる。

http://www.usmagazine.com/celebrity-body/news/lady-gaga-is-on-a-diet-i-gained-25-pounds-2012209

みんなの英会話奮闘記 にほんブログ村 英語ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。